hakodate dock English
hakodate-dock home page

WWWを検索 hakodate-dock.co.jpを検索
d
hakodate dock co., ltd
ホーム  企業情報  事業紹介  リクルート
会社概要
  社長挨拶
  会社データ
  会社沿革
  アクセス
  連絡先

      会社沿革

1896

明治29年

函館船渠株式会社として創立,本社を函館に置く

1903

明治36年

第1号乾ドック完成

 

同年

橋梁工事に着手し,
最初の橋梁として鉄道用橋桁を製作,組立

1940

昭和15年

室蘭船渠株式会社を合併し,室蘭造船所とする

1946

昭和21年

本社を東京に移転

1949

昭和24年

建設業登録 札幌出張所(元・札幌支社)を開設

1950

昭和25年

室蘭造船所を室蘭製作所と改称

1951

昭和26年

社名を函館ドック株式会社に変更

1960

昭和35年

仙台,大湊,大阪,名古屋に営業所・事務所を開設

1984

昭和59年

社名を函館どつく株式会社に変更

2000

平成12年

室蘭製作所ISO 9001及びJIS Q9001取得

2001

平成13年

株式会社名村造船所と業務提携

2003

平成15年

本社を函館に移転

 

同年

函館造船所ISO 9001及びJIS Q9001取得

2004

平成16年

第1号乾ドックが土木学会の平成16年度選奨土木遺産に認定される

2006

平成18年

創立110周年を迎える

2007

平成19年

株式会社名村造船所の連結子会社となる

2009

平成21年1月

楢崎造船(株)を吸収合併し、小型船舶分野へ進出する

2009

平成21年3月

大型修繕ドック設備周辺の土地(126千平米)・建物を取得する

2010

平成22年10月

大型修繕ドック(第3号ドック:230,000DWT)稼働を開始する

2012

平成24年1月

札幌支社を閉社

▲このページのトップへもどる



函館どつく歴史写真

 
 
第1号船渠
土木学会選奨土木遺産
【画像をクリックするとそれぞれ拡大します。】

第1号船渠仮開業式風景 
(平成16年度土木学会選奨土木遺産)

 
 
【クリックすると拡大します。】

第1号船渠々底工事風景


貨物船 "EIRINI-L"      1956年 (昭和31年)
木材運搬専用船 "EASTERN SAKURA"
1962年 (昭和37年)

建造方式で初めてブロック建造方式が採用されました。門型のデリックポストを有する三島型で,当社の戦後の本格的な大型輸出船の先駆けとなりました。


北米丸太材 輸入専用船の新造船第1号として建造されました。木材運搬専用船のパイオニアです。

青函連絡船 "松前丸"     1964年 (昭和39年)
機関自動化パナマックスバルカー
          "FOTINI L"   1967年 (昭和42年)
青函連絡船 松前丸

青函連絡船の地元函館で建造された「松前丸」。当時の最新技術をふんだんに取り入れ、近代化船を代表する優秀船として知られていました。またその優美な姿から「海峡の女王」と呼ばれ愛されました。

機関自動化パナマックスバルカー

エンジンコントロールルームに人員を配置しない機関自動化船のパナマックスバルカーとして建造されました。

青函連絡船 "渡島丸"      1969年 (昭和44年)
3000DWT MINIBULCA "MINI LEO"
1970年(昭和45年)
青函連絡船 渡島丸

時代の貨物需要に応え、青函航路輸送強化を目的として当社で建造した高速貨物船です。貨車積載能力を増加するため松前丸と比べ全長で約12.6m長くなっております。

ミニバルカ

1968年(昭和45年)から1975年にかけて50隻以上建造されました。船型は極端な幅広船(船長/船幅=4.1)で外板に極力平面を採用した角型船です。河川航行も考慮されました。

2000T 海上クレーン "KIRYU"
Mud Barge "KAIYO MARU NO.2"        
1970年(昭和45年)
3000T海上クレーン マッドバージ

海上クレーンや土砂運搬船をはじめ,杭打船,,サクションドレッジャー,ディッパードレッジャー,リクレーマ船,起重機船,自昇降型オフショアプラットフォームリグ等々,当社の歴史を語る上で欠かせない数多くの作業船が建造されました。

VLCC 25万トンタンカー "AEGEAN SAILOR"
1975年(昭和50年)
セントローレンス型 バルカー
          "VIOLETTA" 1981年(昭和56年)
VLCC

1972年(昭和47年)から1975年にかけて,3隻建造されました。

レークサイズバルカー

1967年(昭和42年)から1984年にかけて70隻以上建造され,欧米では「H29」(函館29型BC)として高い評価を受けました。五大湖を中心に活躍しました。

▲このページのトップへもどる

Copyright © 2003-2016 The Hakodate Dock Co.,Ltd. All Rights Reserved.