hakodate dock English
hakodate-dock home page

WWWを検索 hakodate-dock.co.jpを検索
d
hakodate dock co., ltd
ホーム  企業情報  事業紹介  リクルート
新造船事業
  HIGH BULK 34E
  最近の引渡し船
  建造船紹介
  中小型官公庁船
  内航船その他
  漁船
  船の学習
   船ができるまで
   進水式
   キッズページ

船ができるまで


基本設計

お客様より求められる仕様に基づいて、積載能力や速力を決め、要求を確保できるよう設計図を作ります。

生産設計

製造現場で精度良く加工・製作・取付ができるよう一つ一つの情報を数値化及び一品図を生成し、莫大な量の部品を現場が管理しやすいように計画します。

NCプラズマ切断機

設計図通りコンピュータ管理され廃材をできるだけ少なくなるよう配置し全自動で切断します。まるでジグソーパズルのようです。

小組立

小組立からブロックの製作が始まります。切断された部材を溶接し小さなブロックを造ります。

大組立
(舷側外板(げんそくがいはん))

小組立の部品を集めると、一つの大きなブロックとなります。

曲げ加工

ガスバーナーと水で鋼材が収縮する特性を利用し複雑な曲線を熟練工により曲げ加工します。

大組立(船首部分)

曲げ加工・小組立後、船首部分のブロックを工場で組立ます。

塗装作業

各ブロックは検査が終了した後、地上で塗装します。

ブロック運搬

塗装が終了した後、船台前に運び、いよいよ搭載が始まります。

船台

船台では、ブロックの搭載をするための準備をしています。

ブロック搭載

ブロックの搭載が始まりました。船底から搭載します。

ブロック搭載

二重船殻構造(にじゅうせんこくこうぞう)の舷側外板を搭載しています。

ブロック搭載

船首ブロックを載せ、船の顔が出来上がりました。こんな顔した魚をどこかで見たこと有りませんか。

エンジン搭載

クランク部搭載、中央にプロペラのシャフトが繋がります。

プロペラ取付

舵板搭載後にプロペラを取り付けます。

キャビン(居住区・操舵室)搭載

甲板から5階建てになっており、最上階が操舵室です。

船体塗装

最後の船体塗装をし、いよいよ待ちに待った進水式を迎えるための、お化粧中です。

進水式

滑走(ボール)式進水方式で、船がごう音とともに函館港内に滑り降ります。

函館どつくホームページ内には進水式予定の日時をお知らせしております。ぜひ、ご来場ください。

ご案内はこちらから 

艤装作業

操舵室の電装機器を設置・配線した後の試験をしております。

艤装作業

船長執務室の内装工事中でソファーを取り付けると完成です。

試運転

船主及び船級協会立会いのもと、速力・操縦性能などの試験を行い合格すると、いよいよ船主さんに引渡しとなります。

引渡し

船主さんへの引渡しとなりました。函館造船所、所長はじめ多くの職員・関係者に見送られ出航です。これからは世界各国の港へと航海し、様々な物資を運びます。今後の航海の無事をお祈り致します。

※本ページに掲栽の写真・記事の無断転載を禁じます。

▲このページのトップへもどる

Copyright © 2003-2016 The Hakodate Dock Co.,Ltd. All Rights Reserved.