はだこてどつくにしつもんする

しこうせつだん

ここにちゅうもく!
しんすいしきに[]ったら、ぜひみておきたいポイントです。

①「めいめい」
 しきてんがはじまるときは、ふねのなまえを、まくで
かくしてあります。ふねのなまえをはっぴょうをしたときに、
そのまくをオープンします。

②「しこうせつだん」
 りくじょうで []まれたふねは、だいちとロープでつながれています。これを、へそのおとみたてて、「しこう」とよびます。そのロープを、だいひょうのおきゃくさまが、かみさまがやどるおのでたち[]ります。

③「くすだま」
 「しこうせつだん」で、ロープがたち []られると、それにつながっていた、シャンパンがふねにたたきつけられて、いきおいよくわれて、ふねのさきにつけられているくすだまがわれます。きれいなかみふぶきと[しろ]いはとが、ふねのたんじょうをいわってとびたちます。

  • もどる
  • つぎへ
  • もくじにもどる

(しんすいしき)