はだこてどつくにしつもんする

みなさんは、ふねというとどんな[かたち]をおもいうかべますか?

人間[にんげん]にはせが[たか]くて[ふと]っている[ひと]、せが[ひく]くてやせている[ひと]などさまざまですね。
ふねもおなじで[なが]いふね、[みじか]いふね、[ふと]っているふね、やせているふねなどいろいろな[かたち]のふねがあります。
ふねをデザインするときは、まず、ふねのしんちょう([なが]さ、はば、ふかさ)、たいじゅう、たいけい(やせているか[ふと]っているか)を[]めます。
また、どんな荷物[にもつ]をどのくらいつむのかも[]めます。どのくらいのスピードで[はし]るのかも[]めます。
これらが決まると、ふねののうりょくが[]まり、[からだ]のほかのぶぶんのことを[]めることができます。

  • もどる
  • つぎへ
  • もくじにもどる

(デザイン)