はだこてどつくにしつもんする

「ほね」を[つよ]くしたいときは、「ほね」のざいりょうであるてつのいたのあつさをあつくしたり、[ちか]くにあたらしい「ほね」をくわえたりします。

ぎゃくに、[ちから]のかからないところもあります。そういうところは、てつのいたをうすくしたり、 [ちい]さな「ほね」をはずしてしまったりもします。

そうすることで、ふねぜんたいがかるくなるため、よりすくないねんりょうではしることができます。

  • もどる
  • つぎへ
  • もくじにもどる

(デザイン)