はだこてどつくにしつもんする

ふねについている「て」には、いろいろなしゅるいがあります。
 ・[うみ]のそこにつかまる「て」
 ・[みなと]についたときにつかまる「て」
 ・荷物[にもつ]をもちあげる[おお]きな「て」
 ・[ちい]さなものをもちあげる[ちい]さい「て」
 ・荷物[にもつ]のはこにふたをする[おお]きな「て」
 ・ふねがゆれたときに[ひと]がつかまる「て」
 ・[うみ]におちた[ひと]をたすける「て」

では、ひとつひとつみていきましょう。

  • もどる
  • つぎへ
  • もくじにもどる

(デザイン)