はだこてどつくにしつもんする

ふねのどこを、どんなペンキでぬるのか[かんが]えます。

[あか]いふね、[くろ]いふね。
ペンキのいろは、ふねのみためを[]めるものです。

ふねの「ひふ」は、てつでできています。てつは、そのままおいておけばさびてしまいます。さびをほうっておくと、ふねにあながあいて[みず]がはいってきます。そうならないために、ふねにペンキをぬってさびないようにしています。

また、いつも[うみ][みず]にふれているぶぶんは、かいちゃんがすみついてしまうことがあるので、それをふせぐ、とくべつなペンキをぬります。

  • もどる
  • つぎへ
  • もくじにもどる

(デザイン)